【がん経済】乳がん 阿部久美子さん(治療費 保険、他)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

乳がんのがん治療にかかった費用と保険等でカバーされた金額の記事です。

基本情報

名前: 阿部久美子さん >>5yearsプロフィール
年代: 40代、女性
病名: 右乳房上内側部乳癌
病理: ホルモン受容体・陽性、HER2・陰性タイプ(ルミナルA)
進行: 病理診断時ステージ1(しこり1.5㎝)、切除術ステージ2(しこり2.2㎝)
発症: 2015.11触診~2016.1病理確定~2016.4摘出
発生時年齢:42歳
受けた治療:ホルモン療法(リュープリン注射、タモキシフェン服用)
    
期間: 2015.11触診発見~2016.1病理診断確定~2016.4乳がん摘出術~2017.1乳房再建術
合併症:無し
職業: 金融業(ファイナンシャル・プランナー)
生命保険:神奈川県民共済、ひまわり生命、あんしん生命、富士生命

がん治療にかかった費用と保険、手当、助成金等でカバーされた金額

治療費

標準治療は健康保険3割の金額です。高額療養費制度を前提として記載。

  1. 標準治療までにかかった免疫治療費:約30万円(1カ月半)プラス交通費
  2. 乳がん摘出術2016.3.31~2016.4.11:14,890円+45,380円=60,270円
    ※治療費負担額(高額療養費制度により月の上限額35,400円)、差額ベッドなし。食事標準負担額は住民税非課税世帯。
  3. リュープリン注射1回/3ヵ月:20,350円、薬代金4,000円~漢方薬はタモキシフェンよりも高額で一度の3ヵ月の処方で1万円を超える事がありました。
  4. 乳房再建術2017.1.4~2017.1.26:430,250円

※治療費負担額(高額療養費制度制度により月の上限額35,400円)、差額ベッド個室代金23日分、食事標準負担額23日分13,230円、手術輸血料259,467円、麻酔料118,833円、他諸々…

保険給付金等:3,230,000円

乳がん病理診断確定給付金額は富士生命より2,000,000円

乳がん摘出術時(県民共済196,000円+あんしん生命110,000円+ひまわり生命260,000円=合計2,566,000

乳房再建術23日分:430,250円

手術輸血量259,467円+麻酔料118,833円+入院料は185,583円

乳房再建術:664,000円

県民共済284,000円+あんしん生命165,000円+ひまわり生命215,000円=合計664,000

加入されていた生命保険会社と保険内容

富士生命保険がんベストゴールド

ガン保険病理確定後200万円下りる商品。主契約は100万円(2年に1回ガンで入院or通院時支給)+特約(初回診断給付金100万円),ガン確定後保険料払込免除あり

ひまわり生命:医療保険(終身保障)

1日入院5,000円×日数分,手術は5,000円×10倍~20倍~40倍

あんしん生命:医療保険(70歳保険料全額還付型)

1日入院5,000円×日数分,手術は5,000円×10倍

神奈川県民共済:女性いきいき医療保険(60歳以降保障ダウン)

1日入院4,000円×日数分+女性疾病1日入院8,000円×日数分+手術給付金(女性疾病倍額)

助成金・補助金等

高額療養費制度を利用,当時住民税非課税世帯により1カ月最大35,400円上限額

>>阿部久美子さんの「ストーリー」はこちら

>>阿部久美子さんの「インタビュー」はこちら

取材:大久保淳一
By
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。