【がん経済】炎症性乳がん ステージ3 原田祐子さん(治療費 保険、他)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

炎症性乳がん(浸潤性乳管がん)ステージ3Bの治療にかかった費用と保険等でカバーされた金額の記事です。

基本情報

名前: 原田祐子さん >>5yearsプロフィール
年代: 50代、女性
病名: 炎症性乳がん
病理: 浸潤性乳管がん
進行: ステージ3B
発症年月: 2016年3月
発生時年齢:49歳
受けた治療: 抗がん剤治療(ハーセプチン、パージェタ、タキソテール)3クール、抗がん剤治療(ハーセプチン、パージェタ、ドセタキセル)5クール、放射線治療、抗がん剤治療(ハーセプチン)6クール
治療期間: 2016年5月~2017年4月
合併症:アレルギー反応
職業: 会社役員
生命保険会社:アメリカンファミリー
かんぽ生命
中小企業共済(中小企業経営者の関係者が加入)

がん治療にかかった費用と保険、手当、助成金等でカバーされた金額

治療費:約75万円

保険給付金等:2,141,000円

内訳

アメリカンファミリー 1,715,000円
中小企業共済 186,000円
かんぽ生命保険 240,000円

加入されていた生命保険会社と保険内容

  1. アメリカンファミリー:一時金100万円、20日以上の入院で、1日あたり1万円と手術保険金 200,000円、在宅療養給付金 150,000円 その後半年間の通院保険金1日あたり 105,000円あり
  2. 中小企業共済:入院共済1日につき6,000円と手術保険金 30,000円
  3. かんぽ生命保険:入院5日目からの入院保険金165.000円と手術保険金 75,000円

生命保険には3つ加入していて、しかも手厚い保険に加入していたため経済的に助かりました。
私の場合、会社経営をしており、また、治療中も自宅で(可能な範囲の)仕事をしていたため、収入が途絶えてしまうようなことは無かったのですが、それでも生命保険の保険金・給付金が下りたことは、とても安心できました。
まさか、自分ががんになるとは想像もしていなかったのですが、お金の面で困るようなことにならず良かったと思います。

助成金・補助金等:0 円

>>原田祐子さんの「ストーリー(がん闘病記)」はこちら

>>原田祐子さんの「インタビュー」はこちら

取材:大久保淳一

この記事の著者

大久保 淳一(5yearsプロフィール)

日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
>>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
>>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



-Sponsored-

By
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。