【がん経済】乳がん ステージ3 大月絢美さん(治療費 保険、他)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

乳がん(トリプルネガティブ)ステージ3の治療にかかった費用と保険等でカバーされた金額の記事です。

基本情報

名前: 大月絢美さん >>5yearsプロフィール
年代: 30代、女性
病名: 乳がん(トリプルネガティブ)
病理: Rt.Breast, Bt+SNB: Invasive ductal carcinoma, see comments.
6.3×3.9cm, s, Ly(-), v(-), NG3, pN0(0/1).
ER(-)(AS:PS0+IS0=TSS0), PgR(-)(AS:PS0+IS0=TSS0), HER2 score0, Ki-67 80-90%

進行: ステージ3C
発症年月: 2015年12月
発生時年齢:33歳
受けた治療: 術前抗がん剤(ドセタキセル+FEC)→右乳房切除術+センチネルチンパ節生検→放射線治療(33回)→ゼローダ(経口抗がん剤)半年服用
    
治療期間: 2016年1月~2017年5月
合併症:なし
職業: 歌手
生命保険会社:明治安田生命保険

がん治療にかかった費用と保険、手当、助成金等でカバーされた金額

治療費:1,661,039円

【内訳】
標準治療1,036,070円
その他代替医療
(ビワ温熱療法、ミキプルーン(健康食品))
624,969円

保険給付金等:3,173,495円

【内訳】
一時金。《契約1,2》合算の250万円から保険料一か月分が差し引かれた分2,491,225円
下記(契約1―④》により、退院後の通院に係る費用はすべて保険でカバーされました482,270円
下記(契約2―③》がんケア給付金200,000円

加入されていた生命保険会社と保険内容

【明治安田生命保険相互会社】

母が勤めていたこともあり、当初(20年ほど前)から保険は一任していました。
母の友人が今も担当してくれていて、親身になって対応してもらっています。
母とその友人のすすめもあり、がんと診断される3ヶ月前(給付されるぎりぎりのタイミング)にがん保障特約を追加していたので、これは本当に救われました。
下記のとおり2契約しています。

《契約1》
①入院治療保障特約Ⅲ型(公的医療保険制度における保険給付の対象となる入院をしたとき/入院中の療養に係る診療報酬点数×3円)
②先進医療保険特約
③新・入院特約(入院したとき/3,000円(日額))
④ 退院後通院治療保障特約Ⅲ型(病気・傷害で所定の入院後、公的医療保険制度における保険給付の対象となる支払対象期間中の通院をしたとき/通院治療給付金:通院時の療養に係る診療報酬点数×3円、通院治療一時金:10,000円)
⑤ 外来時手術保障特約(公的医療保険制度における保険給付の対象となる手術を、入院を伴わずに受け、かつ、手術を受けた日の療養に係る診療報酬点数の合計が2,000点以上のとき/50,000円。公的医療保険制度における保険給付の対象となる放射線治療を、入院を伴わずに受けたとき/100,000円)
⑥ 傷害特約(傷害で死亡・高度障害のとき/200万円、傷害で障害状態のとき20~200万円)
⑦ がん保障特約(生まれて初めて所定の悪性新生物(がん)と診断されたとき/150万円、※再発無制限保障/130万円)
⑧ 生活サポート終身年金特約(所定の日常生活制限状態のとき/150万円(年額)×一生涯)
⑨ 新・介護保障特約(公的介護保険制度により要介護2以上の状態と認定されたとき、または所定の要介護状態が180日継続したとき/200万円)

《契約2》
① 定期保険特約(死亡・高度障害のとき/880万円)
② 生活サポート終身年金特約(所定の日常生活制限状態のとき/120万円(年額)×一生涯)
③ がん治療保障特約(所定のがんのとき(がん保険金)/100万円、がん保険金支払事由該当後、毎年生存しているとき(5年間)がんケア給付金/10万円)
④ 障害状態による特別終身特約

助成金・補助金等:486,687円

(健保、国保からの高額療養費、一部負担還元金)

>>大月絢美さんの「ストーリー(がん闘病記)」はこちら

>>大月絢美さんの「インタビュー」はこちら

取材:大久保淳一


-Sponsored-

By
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。