【がん経済】子宮体がん ステージ1 斉藤礼子さん(治療費 保険、他)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

子宮体がん ステージ1bの治療にかかった費用と保険等でカバーされた金額の記事です。

基本情報

名前: 斉藤礼子さん
年代: 50代、女性
病名: 子宮体がん
病理: 
進行: ステージ1b、グレード1
発症年月: 2016年秋
発生時年齢:52歳
受けた治療: 腹腔鏡による外科手術(腹腔鏡下準広汎子宮全摘、腹腔鏡下骨盤リンパ節郭清、後腹膜鏡下傍大動脈リンパ節郭清)    
治療期間: 2017年4月
合併症:
職業: 
生命保険会社:全労済

がん治療にかかった費用と保険、手当、助成金等でカバーされた金額

治療費:約80万円

先進医療を受けたため公的保険の適用対象とはならず、全て実費でした。

保険給付金等: 9万6千円

私の場合、がん保険や先進医療の保険などには何も入っていませんでしたので、実際に自分ががんを患い、先進医療を受けたのに保険で補償されないため、とても後悔しました。がん治療には結構なお金がかかりますから、しっかり保証される保険に加入した方がいいと、感じています。

加入されていた生命保険会社と保険内容

全労済  女性特約保険

手術6万円
入院一日6千円 
合計9万6千円

助成金・補助金等:0円

>>斉藤礼子さんの「ストーリー(がん闘病記)」はこちら

>>斉藤礼子さんの「インタビュー」はこちら

取材:大久保淳一


-Sponsored-

By
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。