【ストーリー】大塚美絵子さん 卵巣がん(漿液性)ステージ3cサバイバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

卵巣がん(漿液性)ステージ3cサバイバー大塚さんのがんに関するストーリーです。

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】大塚美絵子さん 卵巣がん(漿液性)ステージ3cサバイバー
  2. 第1話「残念ながら、来年は無いかもしれません」
  3. 第2話「妊婦のように腫れあがったお腹」
  4. 第3話「卵巣がんに間違いないと思います」
  5. 第4話「エンディング・ノートで芽生える力強い気持ち」
  6. 第5話「順調に進む治療と経済支援制度の穴」
  7. 第6話「手術と抗がん剤治療」
  8. 第7話「再発への不安」
  9. 第8話「社会参加のためのビジネス立ち上げへ」

大塚さんの基本情報

名前: 大塚美絵子さん
年代: 50代、女性
病名: 卵巣がん
進行: 漿液性/ステージ3C
発症: 2012年7月(51歳)
治療: 抗がん剤化学療法(術前3回+補助3回)+手術(左右卵巣+子宮+大網を切除)
    使用薬剤:タキソール(パクリタキセル)+ カルボプラチン (3~4週間毎)
期間: 2012年7月~2013年3月末
合併症:2014年4月に大腸憩室炎で7日間入院
職業: 自営業(弾性着衣等の販売)
生命保険: アフラックがん保険
ジブラルタ生命保険
さいたま県民共済

>>大塚美絵子さんのインタビューを読む

>>大塚美絵子さんの「がんと仕事」を読む

>>大塚美絵子さんのがん経済を読む

次のページを読む >> 第1話「残念ながら、来年は無いかもしれません」

この記事の著者

大久保 淳一(5yearsプロフィール)

日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
>>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
>>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



-Sponsored-

By
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。