【ストーリー】高松珠代さん 急性骨髄性白血病 サバイバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

急性骨髄性白血病 サバイバー 高松珠代さんのストーリーです。

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】高松珠代さん 急性骨髄性白血病 サバイバー
  2. 第1話「忙しい毎日」
  3. 第2話「夜になると出る微熱」
  4. 第3話「眉間の奥のしびれ」
  5. 第4話「悪化する体調」
  6. 第5話「急性骨髄性白血病の告知」
  7. 第6話「抗生剤と抗がん剤治療」
  8. 第7話「寛解を告げられて」
  9. 第8話「地固め療法」
  10. 第9話「骨髄の提供者」
  11. 第10話「息子からの骨髄移植(造血幹細胞移植)」
  12. 第11話「合併症~退院へ」
  13. 第12話「新たな人生の4年目を迎えて」

基本情報

名前: 高松珠代さん >>5yearsプロフィール
年代: 50代、女性
病名: 急性骨髄性白血病
発症年月: 2013年11月
発生時年齢:50歳
受けた治療: 【寛解導入療法】抗がん剤(ダウノマイシン、キロサイド)、【寛解後療法(地固め療法)】抗がん剤(ノバントロン、キロサイド、ダウノマイシン)、骨髄移植(造血幹細胞移植)、GVHD(移植片対宿主病)対策薬
治療期間: 8ヵ月間
合併症:肺水腫
職業: 非常勤講師
生命保険会社: 楽天生命保険株式会社

>>高松珠代さんの「インタビュー」はこちら

>>高松珠代さんの「がん経済」はこちら

次を読む >> 第1話「忙しい毎日」
By
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。