【ストーリー】高木直子さん 大腸がん(直腸がん) ステージ3サバイバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大腸がん(直腸がん) ステージ3サバイバー 高木直子さんのストーリーです。

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】高木直子さん 大腸がん(直腸がん) ステージ3サバイバー
  2. 第1話「続く血便」
  3. 第2話「胃腸科クリニックへ」
  4. 第3話「大腸内視鏡検査」
  5. 第4話「進行性の直腸がん」
  6. 第5話「進腹腔鏡による手術」
  7. 第6話「ストーマとパウチ」
  8. 第7話「抗がん剤治療」
  9. 第8話「ストレスのやり場」
  10. 第9話「人工肛門の閉鎖」
  11. 第10話「退院後の生活」
  12. 第11話「取り戻す生活」
  13. 第12話「過去は思い出に」

第11話「取り戻す生活」

日本赤十字社医療センターで進行性の大腸がん(直腸がん)ステージ3Aと告げられ、2016年3月に腹腔鏡による手術(腹腔鏡下超低位前方切除術(一時人工肛門造設))、4月から抗がん剤治療(オキサリプラチン、ゼローダ)を受けた東京都練馬区在住の高木直子さん(44歳、2016年当時43歳)は、11月に人工肛門(ストーマ)を閉鎖する手術を受けた。

年が明けて2017年1月。
高木さんは、回復を実感していた。
ふとした瞬間に「また1段、階段を登れた」そんな喜びを感じていた。

ちょっと出かけた時に以前より長い時間外にいるなと感じたり。
1日のトイレの回数が減ったと思うとき。
そのたびに、しっかり確実に元の生活に向かっている実感があるのだ。

1月19日の病院の外来。
大腸がんの再発もないし、乳がんの恐れもないとわかり安心する。
トイレが心配でこれまで行けなかった歯医者にも行けた。

そして3月、久しぶりに兵庫県加古川市の実家に帰省することができた。
外出した距離と時間では退院後、最長のもので、これでいよいよ大丈夫だと感じた時だ。

両親が、よかった、よかった、と喜んだ。

年度が替わり、2017年4月16日。
高木さんは、ケーキ作りの職場に復帰。
実に1年1ヵ月ぶりのことだった。
いざケーキを作り始めると、感覚は鈍っておらず、手順なり、流れなりすべて普通にこなせることに、自分でも驚いた。
みんなから祝福され「なんか、ブランク感じないね」そんなことを言われる。

ゆっくりやろうと思っていたが、復帰して2週間もしたら、週2日休み・月20日出勤のもとの状態に戻っていた。
「(13ヵ月前に仕事を)辞めた時とまったく同じ姿に戻っている」

それが嬉しくてたまらない。
とにかく、仕事が楽しいのだ。

一度は失ったものを、どんどん取り返しているそんな感じだった。

次のページを読む >> 第12話「過去は思い出に」

この記事の著者

大久保 淳一(5yearsプロフィール)

日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
>>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
>>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



-Sponsored-

By
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。