【ストーリー】高木直子さん 大腸がん(直腸がん) ステージ3サバイバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大腸がん(直腸がん) ステージ3サバイバー 高木直子さんのストーリーです。

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】高木直子さん 大腸がん(直腸がん) ステージ3サバイバー
  2. 第1話「続く血便」
  3. 第2話「胃腸科クリニックへ」
  4. 第3話「大腸内視鏡検査」
  5. 第4話「進行性の直腸がん」
  6. 第5話「進腹腔鏡による手術」
  7. 第6話「ストーマとパウチ」
  8. 第7話「抗がん剤治療」
  9. 第8話「ストレスのやり場」
  10. 第9話「人工肛門の閉鎖」
  11. 第10話「退院後の生活」
  12. 第11話「取り戻す生活」
  13. 第12話「過去は思い出に」

第12話「過去は思い出に」

日本赤十字社医療センターで進行性の大腸がん(直腸がん)ステージ3Aと告げられ、2016年3月に腹腔鏡による手術(腹腔鏡下超低位前方切除術(一時人工肛門造設))、4月から抗がん剤治療(オキサリプラチン、ゼローダ)を受けた東京都練馬区在住の高木直子さん(44歳、2016年当時43歳)は、11月に人工肛門(ストーマ)を閉鎖する手術を受けた。そして、2017年4月復職した。

こうして時間が経ち、いま思い返せば、人工肛門(ストーマ)とパウチ、ぞっとする。
ストーマ装具とか気にならない患者もいるのだろうが、高木さんには大きなストレスだった。

抗がん剤治療の時、身体と心が弱っている妻をみていた夫は、「人間ってこうやって死んでいくものなのだろう」そんなことを感じていたという。

一方の高木さんは、今、再び元気になり、「人って、なかなか死なせてもらえないもんやな…。意外に、、(私は)イケたな!私、強かった」
そう思い、とても大きな自信を得たと感じている。

これからこれ(直腸がんとストーマ)以上の大変なことが人生にあるかもしれないけど、他の大抵のことなら大丈夫だろうと思える自信がついた。

心に余裕が出てきたからだろう。
「これで(友人に言える)おもろい話、1こ増えたな」
そんなことを思えるようになった。

なぜなら「人工肛門って、どんなものなの?」と友達から質問されるたびに、
「おなかから、腸、でてんねん」
そう説明すると、みんなが、エッーー、とびっくりする。
全てが思い出話しになってきている。

一時は心配していた夫も普通に戻っている。
家で、テレビチャンネルの奪い合いがおきた時、夫からこう言われた。
「2回目のバチあたるよ」
ムッときて高木さんが返す。
「1回もバチなんてあたってへんわ!」
普通の夫婦の会話ができているのだ。

病気、がん…
あまり思い詰めても良いことは一つもない。
何でも時間が解決する。
だまって、ひっそりと治療して、黙々と乗り越えて、元に戻ればいいじゃないか。

そう思って臨んだ直腸がんステージ3Aの治療。
高木さんはやってみせた。

いま再び、ケーキ作り、ライブ、パン屋めぐりと元の生活を楽しんでいる高木さんだ。

>>高木直子さんの「インタビュー」はこちら

>>高木直子さんの「がん経済」はこちら

取材:大久保淳一

この記事の著者

大久保 淳一(5yearsプロフィール)

日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
>>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
>>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



-Sponsored-

By
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。