【ストーリー】高木直子さん 大腸がん(直腸がん) ステージ3サバイバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大腸がん(直腸がん) ステージ3サバイバー 高木直子さんのストーリーです。

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】高木直子さん 大腸がん(直腸がん) ステージ3サバイバー
  2. 第1話「続く血便」
  3. 第2話「胃腸科クリニックへ」
  4. 第3話「大腸内視鏡検査」
  5. 第4話「進行性の直腸がん」
  6. 第5話「進腹腔鏡による手術」
  7. 第6話「ストーマとパウチ」
  8. 第7話「抗がん剤治療」
  9. 第8話「ストレスのやり場」
  10. 第9話「人工肛門の閉鎖」
  11. 第10話「退院後の生活」
  12. 第11話「取り戻す生活」
  13. 第12話「過去は思い出に」

第1話「続く血便」

あまり思い詰めても良いことは1つも起きない。
直腸がん、ステージ3、この困難を騒ぎ立てず黙々と乗り越えたい。
「がん」そんなに言うほど大変じゃないはずだし、どんな事も、結局、時間が解決するのだから。

東京都練馬区在住の高木直子さん(44歳、2015年当時42歳)は、若いころから「(自分は)元気なまま、おばあちゃんになるんだろう」そう信じていた。
病気らしい病気なんてしたことがない。
花粉症と数年に1回の風邪くらいなものだ。

2015年9月。
トイレで用をたしたら便に血がついていた。
「あー、血が出てる。痔(ぢ)なのかな?」
心配はしていない。
ただちょっと気になったのでスマホのインターネットで調べてみたら、内臓系の血の色は黒ずんだ赤色で、痔は明るい赤色と書いてある。
そして自分の便についていた血の色はまさに明るい色だった。

ただ…、それからも、毎日、必ず血便が出る。
血のスジがついているのだ。

高木さんはカフェで販売するケーキをつくる会社でパートとして12年間働いていた。
お菓子作りが趣味だったこともあり、前職のライブハウスの事務職員から転職した。
そのケーキ会社では、毎年11月に従業員の健康診断があった。
だから…、その時に調べてもらえばいいやと、病院にいくのを後回しにする。
毎年の健康診断では問題ないと報告されているし、今回も大したことではないと想像している。

だが…、9月に始まった血便は2ヵ月近く、毎日のように出ていた。
それでも、このことは夫に伏せておいた。
言えば、「早く病院に行きなよ」とせかされるだろうし、それが嫌だった。
一方、友人には明かした。
「最近、血便でるねん」
健康に気を使っている友人から「それ、大丈夫なの?」そう返されたが、病院には行かなかった。

そして11月中旬、受診した健康診断の報告書が自宅に届いていた。
中をみると「潜血便、要・精密検査」そうある。
ただ2回採取した便の内、1回のみに血が認められたとの報告だった。
受診したクリニックに連絡し、恵比寿にある「東肛門科胃腸科クリニック」を紹介してもらった。

次のページを読む >> 第2話「胃腸科クリニックへ」

この記事の著者

大久保 淳一(5yearsプロフィール)

日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
>>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
>>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



-Sponsored-

By
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。