【ストーリー】池田実さん すい臓がん ステージ4 サバイバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

すい臓がん(膵体部癌) ステージ4サバイバー 池田実さんのストーリーです。

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】池田実さん すい臓がん ステージ4 サバイバー
  2. 第1話「IT業界を経て会社設立へ」
  3. 第2話「胃腸の不快感」
  4. 第3話「唐突なすい臓がん告知」
  5. 第4話「入院~検査ずくめの日々」
  6. 第5話「余命3ヶ月」
  7. 第6話「医師が決断したオペ」
  8. 第7話「手術を終えて」
  9. 第8話「退院・帰宅」
  10. 第9話「死の受容と抗がん剤治療」
  11. 第10話「治療の終了へ」
  12. 第11話「復職。がんから2年。」
  13. 第12話「薬の力を借りながら」
  14. 第13話「5年を迎えて」

第10話「治療の終了へ」

2012年、進行したすい臓がん(膵臓がん、ステージ4a)が見つかり、9月に手術(遠位側膵切除(脾合併切除)、腹腔動脈幹、門脈合併切除)、10月には急性無石胆のう炎の全摘出手術を受けた千葉県船橋市在住の池田実さん(73歳、2012年当時68歳)は、同年11月より抗がん剤(ジェムザール)による術後治療を開始。2012年12月、第一の鬼門「3ヵ月」を無事に迎えた。

2013年、この年は70歳になる年で、数えでは既に70歳だった。
生きて古希を迎えられた喜びは大きかった。
それまで誕生日が来るたびに更に年老いた気がして憂鬱だったが、がんの後の誕生日は格別だ。
まるで再び「生まれた」ような新鮮な気持で迎えることができる。

身体の状態もそうだった。
退院後、極端に落ちた体力と筋力がゆっくり戻ってきていた。
まるで「生まれて、成長している」かのように。

一方、抗がん剤治療は治療計画に従って続いていた。
毎月1回、血液検査では腫瘍マーカー(CA19-9、DUPAN-2)を測定し経過をみる。

ただ、抗がん剤(ジェムザール)治療は必ずしも順調ではなく、2013年3月には貧血のため輸血。
5月には脱水症状で1週間治療を先送り。
6月からは、それまで3週間連続投与していたジェムザールを隔週の投与に変更し6週で3回となる。
色んなことが時々起こるが、それでも池田さんは、淡々と治療をこなしていった。

2013年10月29日
ついに最後の11クール目の投薬が終わった。
約1年間の治療、本当に長かったが、やり遂げた。

「多分、治ることは無いんだろうな」と期待度をコントロールしてきたが、再発や転移もなく、抗がん剤治療を終え、少しホッとしたときだった。

年が明けて、2014年。
もう、この頃になると食欲はだいぶ回復して、一時は45kgまで落ちた体重も49kgまで戻っていた。
また、年初から週に1~2日、出社を始める。
2005年に自分で立ち上げたITベンチャー会社だ。

しかし、出社してみると…、会社の中が大きく変わってしまっていることに気づく。

次のページを読む >> 第11話「復職。がんから2年。」

この記事の著者

大久保 淳一(5yearsプロフィール)

日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
>>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
>>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



-Sponsored-

By
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。