【ストーリー】藤井恵さん 卵巣がん 子宮体がん ステージ1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

卵巣がん、子宮体がん(重複がん、類内膜腺)サバイバー藤井さんのストーリーです。

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】藤井恵さん 卵巣がん 子宮体がん ステージ1
  2. 第1話「痛みのひどい生理」
  3. 第2話「再度の生理の時の痛み、多量の出血」
  4. 第3話「東南アジアでのボランティア」
  5. 第4話「帰国してからの漫然とした日々」
  6. 第5話「今までにない出血。桃くらいの血の塊」
  7. 第6話「太り始める腰周り」
  8. 第7話「超音波検査でわかった卵巣の腫れ」
  9. 第8話「卵巣、卵管の手術と病理検査」
  10. 第9話「彼への告白」
  11. 第10話「病理検査結果と卵巣がん、子宮がん告知」
  12. 第11話「愛おしい一日一日。積極的な毎日へ」

基本情報

名前: 藤井恵さん >>5yearsプロフィール
年代: 40代、女性
病名: 卵巣がん、子宮体がん(重複がん、類内膜腺)
進行: 卵巣がん→1c 子宮体がん→1a
発症: 2014年10月(38歳)
治療: 2度の開腹手術、その後抗がん剤化学療法(6クール)
期間: 2014年10月~2015年5月
合併症:1回目2回目の化学療法中に軽い蕁麻疹
職業: 会社員
生命保険: 入っていませんでした。

>>藤井恵さんのインタビューを読む

>>藤井恵さんのがん経済を読む

次のページを読む >> 第1話「痛みのひどい生理」

この記事の著者

大久保 淳一(5yearsプロフィール)

日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
>>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
>>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



-Sponsored-

By
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。